なぎなたの習慣

薙刀は相手を叩きつけたり、刺したり、引っ掛けたりすることができるが、重心のバランスが適度に取れているため、広い範囲に届くように旋回させたり、回転させたりするのが一般的である。刃の部分の長さが長いので、切れ味は抜群である。5フィート(1.5m)の軸、3フィート(0.9m)の刃、3フィート(0.9m)のリーチを経験者が手にした場合、身長5フィート(1.5m)の一人の使い手が、理論的には平地の484平方フィート(45平方メートル)をカバーして攻撃することができます。

薙刀は、足軽たちが戦場でスペースを確保するためによく使われた。刀よりも有利な場面もある。刀よりもリーチが長く、相手の手の届かないところに立つことができる。刀の柄に比べて薙刀の軸は長く、より効率的に切ることができる。重さは一般的に不利な要素であるが、この武器の重さは打撃や切断に力を与える。軸の先にある重さと柱の重さは、攻撃的にも防御的にも使うことができる。しかし、熟練した剣士の手にかかれば、より早く攻撃ができ、刃渡りが長く、握る面積が少なくて済むなど、より正確な操作が可能になる。

薙刀術(なぎなたじゅつ)は、薙刀を操るための武術である。現在、なぎなたの練習の大半は、コンテストが行われるゲンダイの芽である「洗礼なぎなた」で行われています。武神館やいくつかの古流派でも、なぎなたの使い方を教えています。なぎなたの練習生は、剣道の練習生が身につける防具と同じものである「バグ」を身につけることができる。防具を着用するには、ライトオークの木の軸と竹の刃のはぶを持つアタラシイなぎなたを使う必要がある。

薙刀は日本では女性の武器とされているが、これは女性の方が男性よりも血筋が通っているからである。一方、ヨーロッパやオーストラリアでは、なぎなたは主に男性が使用しています。これは単にヨーロッパの武道人口を反映したもので、日本のようになぎなたが女性のためのものであるという歴史的な関連性はありません。