ナギナタ

この日本独自の武器は、中世の西洋の戦士とは似ても似つかぬものである。薙刀は短くて巨大な刀身で、強いカーブを描いた刃と長いタングが軸に固定されている。
薙刀の全長は1.5~2メートルにもなる。刀身の長さは1.5~2メートルにもなり、柄の部分まであるのが特徴である。

薙刀は11世紀頃に発明されたもので、当初は僧侶の武器として使われていた。その後、この武器はより女性的な意味合いを持つようになり、家を守る女性の姿が描かれるようになりました。

なぎなたは、剣道と同様に格闘技として発展してきました。鋼の刃に代わって、柔軟な竹の刃が使われるようになりました。日本語では「あたらしいなぎなた」と呼ばれています。
第二次世界大戦後、この現代式なぎなたの技術は標準化されました。

現在、日本では約4万人がなぎなたを練習しています。フランスにはいくつかのなぎなたクラブがあります。