日本の俳優であり、格闘技界の伝説的存在であるソニー・千葉が、コヴィドに伴う合併症により82歳で死去しました。 千葉さんは、クエンティン・タランティーノ監督の映画「キル・ビル」で剣士を演じたことで、米国で最もよく知られている日本の映画スターでした。 1970年代の「ストリートファイター」3部作や、2006年の「ワイルド・スピード」の「Tokyo Drift」など、50年以上のキャリアがあります。 代理人のティモシー・ビール氏は、彼を “謙虚で、愛情深く、素敵な男性 “と評しています。 ビール氏はAFP通信に対し、「これはひどいニュースです」と語り、「彼は素晴らしい友人であり、素晴らしいクライアントでした」と付け加えました。 Mortal Kombat」の俳優であるルイス・タンは、ネット上で彼に敬意を表し、次のように書いています。「アクション・ジャンルの生きた古典です。あなたの映画は時代を超越しており、あなたの精神はインスピレーションの源です」。 1960年代、千葉は格闘技を学び、空手を得意としていました。ブルース・リーの後を継いで、有名な東映スタジオをはじめ、日本の映画やテレビ番組に出演するようになりました。 海外では、暴力的な武闘派の傭兵、『ストリートファイター』のアンチヒーロー、鶴木琢磨役で有名になりました。 2007年、ジョナサン・ロスとのTVインタビューで、「私にとって、演じるのが最も楽しいキャラクターは、嫌な奴だ」と語っている。 クロスオーバーヒットしたこの映画シリーズは、若き日のタランティーノ監督にインスピレーションを与え、約30年後の2003年に『キル・ビル -第1巻-』の服部半蔵役に起用されました。 主人公のユマ・サーマンは、サムライから寿司職人に転身した人物で、花嫁のために刀を製造するために引退してきた。 キル・ビル』では Vol.2』では、その役を再開しました。千葉は、2003年の深作欣二監督の『バトル・ロワイアルⅡ:レクイエム』や、ジャスティン・リン監督の『ワイルド・スピード』の続編にも出演しています。 ウェズリー・スナイプス主演のゾンビ映画『アウトブレイクZ』の制作のため。

なぎなたは、日本の伝統的な刃物(日本刀)を棒状にして作られた日本のハルバードの一種である。薙刀は当初、封建時代の日本の武士、足軽、兵隊、僧侶などが使用していた。 薙刀は、木の軸の先に曲がった刃がついているという点で、中国の観音堂やヨーロッパのグレイブに似ている。刀身と軸の間には剣のような鍔(つば)があり、腰につけて使う。刀身の長さは30cmから60cmで、日本刀と同じように作られる。日本刀と同じように製造されており、中子(なかご)を軸(ねがえり)に取り付けている。刃の部分は取り外すことができ、中子の穴(目釘穴)と中子穴のネガテ(江部)に通した木の釘(目釘)で固定される。 ネガテ(ebu)は楕円形の魚で、長さは120~240cmほど。タチウチまたはタチウケとは、リピート(エブ)の中で、ナギナタのナカゴが座る部分のことである。薙刀の中子が座る部分には、金属製の輪(薙刀の犬腹)や金属製の袖(浅川)を用いて太刀受けを補強し、その上に縄(三段巻)を巻き付ける。ネガテ(絵部)の先端には太い金属製のエンドキャップ(石突きまたはヒルマキ)が付いていた。薙刀を使わない時は木の鞘で保護します(「言う」)。 薙刀は相手を叩いたり、刺したり、引っ掛けたりすることができるが、重心のバランスが取れているため、一般的には回転させて広い範囲に届くようにする。刃の部分の長さが長いので、切れ味は抜群である。 薙刀は女性専用の武器である。 12世紀から15世紀にかけて、女性たちは家族や家、そして自分自身のために戦った。彼女たちは袖や帯に短剣を隠し持ち、ピンポイントで致命的な刃を繰り出した。薙刀(なぎなた)も女性が使用しました。狭い場所で薙刀を振り回し、馬の足を斬って敵兵を動けなくした。 戦場では、女性は夫と一緒に戦うこともありました。もし不名誉なことがあれば、切腹することになっていました。虐待を受けている配偶者に抗議して自殺した女性の例もあります。 現在でも、日本の少女たちは古来の技術である「薙刀術」を練習しています。

ほとんどの有名な武術は武器を使用せず、戦闘での使用を禁じていますが、特定の武術、特に極東の武術は銃器とその使用を中心としています。 私は武器を使う武術の包括的なリスト、その背景情報、そして魅力的な事実、それらの武術で利用される武器のリストを提供します。 アーニスが第1位です。 アーニスは、一般的にKaliまたはEskrima/Escrimaとして知られており、フィリピンの国民的武術です。 フィリピンの武術は、他の多くの東洋武術とは異なり、棒、ナイフ、刃付きの武器、様々な即席の武器、そして武器を使わない「オープンハンド」の方法を用いた武器ベースの戦いを重視している点が特徴である。 フィリピンの武術には、フィリピン人の血を引くものもあれば、植民地時代の影響を受けたものもあります。 コンバットキャノン Canne de fightは、19世紀に護身術として誕生したフランスの武術です。戦いのために意味された独特の杖(またはステッキ)が主要な武器である。 1970年代には、コンバットキャノンが標準化された。 杖は栗の木でできていて、少し先細りの形をしている。 身を守るために、パッド入りのスーツとフェンシングマスクを着用します。 フェンシングは4番です。 正式には武術ではありませんが、現代のフェンシングは紛れもなく格闘技であり、このリストの中で最も有名な例でしょう。 フォイル、エペ、サーベルの3種目があり、相手との接触によって勝敗が決まる。 薙刀術 薙刀(または)は、日本の武道の一つで、中世ヨーロッパのグレイブに似た特殊な棒や武器である薙刀(なぎなた)を使用する。 今日では、なぎなた術のほとんどは現代風にアレンジされた「現代武道」として行われており、コンテストなども開催されている。 日本では女性が最も多くなぎなたを行っていますが、他の国では男女のバランスが取れています。…