ほとんどの有名な武術は武器を使用せず、戦闘での使用を禁じていますが、特定の武術、特に極東の武術は銃器とその使用を中心としています。

私は武器を使う武術の包括的なリスト、その背景情報、そして魅力的な事実、それらの武術で利用される武器のリストを提供します。
アーニスが第1位です。

アーニスは、一般的にKaliまたはEskrima/Escrimaとして知られており、フィリピンの国民的武術です。
フィリピンの武術は、他の多くの東洋武術とは異なり、棒、ナイフ、刃付きの武器、様々な即席の武器、そして武器を使わない「オープンハンド」の方法を用いた武器ベースの戦いを重視している点が特徴である。

フィリピンの武術には、フィリピン人の血を引くものもあれば、植民地時代の影響を受けたものもあります。

コンバットキャノン

Canne de fightは、19世紀に護身術として誕生したフランスの武術です。戦いのために意味された独特の杖(またはステッキ)が主要な武器である。
1970年代には、コンバットキャノンが標準化された。

杖は栗の木でできていて、少し先細りの形をしている。

身を守るために、パッド入りのスーツとフェンシングマスクを着用します。
フェンシングは4番です。

正式には武術ではありませんが、現代のフェンシングは紛れもなく格闘技であり、このリストの中で最も有名な例でしょう。

フォイル、エペ、サーベルの3種目があり、相手との接触によって勝敗が決まる。

薙刀術

薙刀(または)は、日本の武道の一つで、中世ヨーロッパのグレイブに似た特殊な棒や武器である薙刀(なぎなた)を使用する。

今日では、なぎなた術のほとんどは現代風にアレンジされた「現代武道」として行われており、コンテストなども開催されている。

日本では女性が最も多くなぎなたを行っていますが、他の国では男女のバランスが取れています。

なぎなたは、ヨーロッパ、オーストラリア、南北アメリカで行われている日本の武術です。

ヌンチャクは日本の武術です。

ヌンチャクは、沖縄の伝統的な武術で、2本の棒の片方を短い鎖やロープでつないだもので、この日本の武術の基礎となっている。

ヌンチャクの2つの部分は通常、木でできており、リンクは通常、ひもや金属の鎖です。

ヌンチャクは、この武器を使う人に与えられる名前です。

ヌンチャクには様々な方法がありますが、最もよく知られているのは「ヌンチャク堂」です。

ヌンチャクは武器として採用された。

グンソク グンソク(韓国語:)

は、韓国の弓術をベースにした芸術形式で、今回のリストの中ではユニークな例の一つです。

この武術は、他の武術とは異なり、韓国独特の角弓(韓国語:Gak-Gung)をベースにしています。
韓国の弓は親指で引くため、サムリングの使用頻度が非常に高い。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。