なぎなたは、日本の伝統的な刃物(日本刀)を棒状にして作られた日本のハルバードの一種である。薙刀は当初、封建時代の日本の武士、足軽、兵隊、僧侶などが使用していた。
薙刀は、木の軸の先に曲がった刃がついているという点で、中国の観音堂やヨーロッパのグレイブに似ている ボナンザスロット。刀身と軸の間には剣のような鍔(つば)があり、腰につけて使う。刀身の長さは30cmから60cmで、日本刀と同じように作られる。日本刀と同じように製造されており、中子(なかご)を軸(ねがえり)に取り付けている。刃の部分は取り外すことができ、中子の穴(目釘穴)と中子穴のネガテ(江部)に通した木の釘(目釘)で固定される。

ネガテ(ebu)は楕円形の魚で、長さは120~240cmほど。タチウチまたはタチウケとは、リピート(エブ)の中で、ナギナタのナカゴが座る部分のことである。薙刀の中子が座る部分には、金属製の輪(薙刀の犬腹)や金属製の袖(浅川)を用いて太刀受けを補強し、その上に縄(三段巻)を巻き付ける。ネガテ(絵部)の先端には太い金属製のエンドキャップ(石突きまたはヒルマキ)が付いていた。薙刀を使わない時は木の鞘で保護します(「言う」)。

薙刀は相手を叩いたり、刺したり、引っ掛けたりすることができるが、重心のバランスが取れているため、一般的には回転させて広い範囲に届くようにする。刃の部分の長さが長いので、切れ味は抜群である。

薙刀は女性専用の武器である。

12世紀から15世紀にかけて、女性たちは家族や家、そして自分自身のために戦った。彼女たちは袖や帯に短剣を隠し持ち、ピンポイントで致命的な刃を繰り出した。薙刀(なぎなた)も女性が使用しました。狭い場所で薙刀を振り回し、馬の足を斬って敵兵を動けなくした。

戦場では、女性は夫と一緒に戦うこともありました。もし不名誉なことがあれば、切腹することになっていました。虐待を受けている配偶者に抗議して自殺した女性の例もあります。

現在でも、日本の少女たちは古来の技術である「薙刀術」を練習しています。